しつこいカンジダ症を治すためには抗生物質を購入しよう

カンジダは抗生物質で治せ!

カンジダは抗生物質で治せ!

近年、性交渉によって感染し拡大してしまうことが知られているいわゆる「性病」が若者を中心に増加傾向にあることが報告されています。

しかしながら、性器の炎症が全て性病にあてはまるというわけではなく、その原因が性交渉によるものだと誤解されている病気も多くあります。

例えば、最近よく耳にするようになった「カンジダ」ですが、これはカンジダ菌の異常増殖による炎症でその原因は疲労やストレスによる免疫力の低下が主な原因と考えられています。

性交渉の相手がカンジダ菌による炎症を起こしていたとしても、自身の免疫力が高ければ同様に異常増殖して炎症を起こすということはないのです。

疲労やストレスだけでなく風邪をひいている状態だったなどの体調不良であれば菌の異常増殖の可能性は高くなってしまうので注意が必要です。この菌の異常増殖による症状は女性と男性で異なります。

女性の場合は、おりものの状態変化や外陰部の腫れやかゆみなどが挙げられます。おりものの変化は特に大きく、一般的にはヨーグルト状になったりポソポソになったりするといった表現がなされます。

さらに色にも変化が見られ、通常よりも白くなっていたり黄色味がかっていたりすることが多くあります。見た目にも違いが現れることから、何か異変が起きているということはすぐにわかるはずです。

一方、男性も菌の異常増殖によって炎症を起こす可能性はありますが、女性ほど症状が明確ではなく気づきにくいと言われています。男性の場合は痒みに加えて性器からカスのようなものが出てくると言われています。

もちろん女性も男性もその症状の程度は一人一人違う為、少しでも異変に気付いたら泌尿器科や婦人科の受診をするのが良いでしょう。

カンジダ菌の異常増殖は自然治癒することはあまりなく、専門の医療機関で適切な治療を受けるのが完治への最短ルートです。

今では薬局で市販薬を手に入れられりネットで塗り薬などを購入することはできますが、症状に合わせた適切な抗生物質の処方などはやはり病院で行われている為、少し抵抗があるかもしれませんが早めの受診が望まれます。

治療はそこまで複雑なものではなく、抗生物質の服用とかゆみや腫れを伴う場合はそれに対する塗り薬で対処していくのが一般的です。

完治までは辛抱が必要ですが、途中で服用を止めたり通院を止めたりしてしまうと逆に炎症が慢性化してしまう恐れがあるため、医師の指示に従って完治を目指すのが良いでしょう。