カンジダ症になる原因は何?性行為以外でもカンジダになるの?

カンジダ症の原因について

カンジダ症の原因について

カンジダ症にはさまざまな種類がありますが、その原因の9割は自己感染が原因であるといわれています。

これは性病であり、性行為から感染するというイメージが強く、多くの人は性行した相手からうつったと想像することでしょう。

しかし実際に性行為により発症する確率は、全体の10パーセント以下であるといわれています。そもそもこの症状は、カンジダ菌というカビの一種に感染することにより発症します。

この菌は、どんなに健康な人であっても、必ず体内に存在している常在菌です。普段何も悪さをすることはありませんが、様々な理由によって、カンジダ症を引き起こすことになります。

発症する原因の一つは、免疫力の低下によるものです。免疫力が低下する理由としては、過労や寝不足が挙げられます。過労や寝不足により体が休まらずに疲れていると、体の中にある殺菌やウイルスを除去する力が低下してしまいます。

そのためカンジダ菌が繁殖することになり、その症状を引き起こすことになります。そして抗生物質が原因であることも考えられます。抗生物質を服用することにより、発症する確率は高まります。

抗生物質には、悪玉菌が増殖するのを抑えて、菌が感染するのを防ぐ働きがあります。しかし抗生物質は悪玉菌だけでなく、大切な善玉菌の増殖までをも抑えてしまいます。

善玉菌が体内にあることで、免疫力が高まり、私たちの体を健康に維持することができます。その大切な善玉菌までをも抑えてしまうため、カンジダ症にかかりやすくなるといわれています。

次に糖尿病です。糖尿病は血管をもろくしたり、肝臓の機能を低下させるなど、体の免疫力が低下しやすくなります。そのため糖尿病が理由となり、発症しやすくなります。

原因の9割は自分ですが、その可能性が思い当らなければ、人からうつったことが考えられます。人からうつることはほとんどありませんが、全くないとは言えません。

もしもパートナーや家族に、感染している人がいた場合には、性行為には十分に注意しましょう。性行為でうつる確率は20人に1人から、10人に1人と、全体の5パーセントから10パーセント程度といわれています。

しかし免疫力が低下しているときなどにはうつることも考えられるので、注意が必要となるでしょう。コンドームを使用することにより直接的な接触を避けることができるので予防になりますが、完全に防げるとは限らないため、性行為を控えた方がよいでしょう。