カンジダになってしまった場合、ベストな対処法で治療しよう!

カンジダ症の原因とは?

カンジダ症の原因とは?

カンジダ症は、女性器内の常在しているカンジダ菌が増殖することで性器に炎症症状が現れる病気です。症状としては、痒みなどの違和感や熱感などがあります。また、排尿時や性交渉時に痛みが出ることもあります。カンジダ症に罹患する原因としては、過度な疲労やストレスによりホルモンバランスが崩れ、抵抗力となる善玉菌の低下、通気性の悪い下着の着用などによる菌の増殖、パートナーとの性交渉による感染などがあります。女性の約5~6人に1人が感染経験がある病気です。

何度も繰り返すカンジダの特効薬はくすりぴあから

カンジダが引き起こす他の病気は?

カンジダが引き起こす他の病気は?

昨今急激に増えているとされているのがカンジダという性病です。カンジダは男女問わず発症します。カンジダ自体は常在菌ですので通常では病気になることはありませんが、ストレスや過労が蓄積されると菌が増殖し、性器周辺に強いかゆみにおそわれます。ただ性病以外にも口内炎唇にも炎症を引き起こすことから、日常生活にも支障をきたすようになってきます。この病気になったなと感じた場合、早急に専門の病院を受診することが大切です。

病院に行かなくてもカンジダの特効薬はお薬BOXで購入できます。

カンジダ症の予防方法は?

カンジダ症の予防方法は?

カンジダ症は発症の原因となるカビ菌を身体に近づけないだけでなく、睡眠不足やホルモンバランスの変化に対処する事も予防方法としては重要です。体調が悪化していると、少しばかりのカビ菌が体内に入り込んでしまっただけで、カンジダ症に悩まされる事になりかねません。免疫力が低下しないよう普段から注意したり、デリケートゾーンを清潔に保つ事を意識しながら、日々の暮らしを改善してカンジダ症に対処してください。女性と男性の両方が局部を清潔に保って、性行為を楽しむ事も重要です。

カンジダ治療薬の通販は実績のある個人輸入医薬品サイトで購入しましょう。

カンジダは市販の薬では治らない?

カンジダは市販の薬では治らない?

カンジダは市販の薬でなおならいという事はありませんが、治りにくいといえます。カンジダに市販の薬を使用することで、カンジダの数は減少します。それにもかかわらず症状は残ってしまいます。市販の薬を使って直した場合は、すぐに治らないと決めつけるのではなく、根気よく待つという姿勢が必要です。痒みがある場合は、ステロイド入りのクリームを使って対処してみましょう。外用薬ではイミダゾール系の薬が効果が高い薬だといえます。

カンジダを治すお薬は抗生物質

カンジダを治すお薬は抗生物質

カンジダを治療するために用いられる薬は抗生物質です。抗生物質とは、微生物が算出する物質で、ほかの微生物の発育を阻害する物を指します。種類としては、内服薬とクリームタイプがあります。効果が強い物は、処方箋を出してもらって購入する必要がります。また、市販薬の中にも、抗生物質が含まれている物が販売されています。再発の場合などは自分で市販薬を購入することもできますが、医師の診断を受けて治療するのが望ましいです。

もしかしてカンジタ?カンジタの症状はこちら